コラーゲンタイトル
コラーゲンとは

コラーゲンは、皮膚や血管、腱、歯、骨などの組織を構築する繊維タンパク質であり、身体の全タンパク質の約30%を占めている物質なのです。
コラーゲンの約40%は皮膚の細胞に存在して、後のコラーゲンの約20%は骨や軟骨に存在して、その他のコラーゲンは血管や内臓といったものに存在します。
コラーゲンを産生する細胞として、主に皮膚にある繊維芽細胞や軟骨にある軟骨細胞、骨を形成する骨芽細胞といった細胞から生産されます。
コラーゲンはこれらの細胞から分泌された後細胞の間を埋めて他の糖やタンパク質とともに細胞外マトリクスを形成しています。
私達の身体は60兆個以上の細胞から構成されているのですが、細胞と細胞で構成されている臓器は細胞外マトリクスにより正しく形成されます。
コラーゲンは細胞外マトリクスを構成しているタンパク質であり、また、細胞のサポートとして増殖や機能の維持といった役割をも行います。

 

コラーゲンの摂取

コラーゲンは真皮より、肌の弾力や保水力といった重要な働きをしています。
美容や健康のためにコラーゲンを摂取することでお肌に保水力や健康を保つのですが、直接肌からコラーゲンを吸収することはありません。
毎日、人間の体は新陳代謝により分解と合成を行っているので、コラーゲンも食事やサプリメントなどで毎日摂取しなくてはなりません。しかし、現代において食事からコラーゲンを摂取することは難しいこと。
コラーゲンは体内から摂取するようにしましょう。
体内にあるコラーゲンは毎日分解と合成を行い、1日に分解されるコラーゲンの量は約1gから4gであります。
分解されたコラーゲンは一部だけ再利用しますが、食事などで毎日コラーゲンを摂取する必要があります。
コラーゲンを1日5gぐらい摂取する方が良いと思われます。

・バランスの取れた食事
コラーゲンはたんぱく質の一種なので肉や魚、鶏肉などに含まれています。
しかし、たんぱく質を中心の食事ばかりしているとバランスが悪いので、肌の健康のためにもビタミンやミネラル、脂質などのバランスの取れた食事を食べるようにしましょう。
濃厚な豚骨ラーメンやつけ麺はもちろんコラーゲンもありますが、動物性の脂質も多く含まれているので、ビタミンと食物繊維も摂取できるよう栄養価の高い根菜類を選びましょう!食事のバランスが大切です。 特に、コラーゲンの摂取を効率よくしてくれるのがご飯に含まれるアミノ酸です。粘りのあるあきたこまちやコシヒカリなどはアミノ酸が多めに含まれています。噛めば噛むほど甘みがますのもアミノ酸の効果です。

・コラーゲン・ペプチドが効果的
一般にコラーゲン食品は一度体の中で分解してから身体に吸収されていきます。
コラーゲン分子をより小さな分子に分けたものをコラーゲン・ペプチドといいます。
食事やサプリメントで摂取したコラーゲンは小腸などから吸収されるのですが、コラーゲンが分解された状態のアミノ酸ではなく、アミノ酸が2個から3個つながった状態のペプチドで吸収されるのです。

Valuable information

電動ガン
看護学校 都内
ベルウェールの紹介